リノベーション物件 詳細検索
  • エリア
  • カテゴリ
  • 築年数
  • 間取り
  • 物件価格
  • 物件面積

リノベ―ション済み売買物件は、古くて不安

I Love リノベーション 東京にお寄せいただいた、リノベーションに関する質問と、その解答をご紹介します。

Q.東京でリノベーション済みのマンションを探しています。

たくさんの不動産会社を回りましたが、どれもいい部屋なのにやはり築年数が気になって成約に至っていません。みなさん古くて不安に感じないのでしょうか。

A.古さに不安を感じる理由を考えてみましょう。古いと不便… 古いと危険がある…? それらを修繕しよりよいものに変えるのがリノベーションです。

基礎から見直し、スムーズな生活の動線を確保したり、さびやすい資材を頑丈でデザイン性の高いものに変えたりと、生活の不便や不安を解消しつつも機能性を高めたものが、リノベーション済み物件とお考えになれば、古さは不安要素ではなくなるかもしれませんよ。

もし、建物自体の古さを危惧されているのであれば、耐震基準が気になるもののひとつと思いますから、少し説明させていただきますね。

建築基準法に基づく耐震基準は1981年(昭和56年)に大きく改正され、それまで「震度5程度の地震に耐えうる住宅」と規定されていたものが、「震度6強以上の地震で倒れない住宅」というように改定されました(要約)。1981年以前の建物であれば懸念されることもあると思いますが、そういった物件にも耐震改修促進法という法律により耐震診断をおこなうことを国が勧めており、不動産取引においても重要事項説明書で耐震診断がおこなわれたかどうかを知らせなければならないことに決められています。 もし不安に思うところがあれば、不動産会社に確認してみましょう。

一部の無法者の影響で、違法に建てられた建築物がそこここにあると誤解されている方が多くいらっしゃいます。しかし、本来は、耐震基準を含む建築基準法、消防法とさまざまな法律を順守しながら、職人さん、業者さん、建築家さんが心を込めて丁寧に建てたもの。大切に使えば長く使える建物です。

大切に使われているかの判断基準としては、マンションの管理状態を確認するのがおすすめです。管理状態が悪いといくら頑丈な建物でも劣化しますから、きちんとした修繕が行われているか、明確な修繕計画があるかをチェックしましょう。不動産会社からマンションの管理組合に依頼すれば確認できます。参考になさってくださいね.

豆知識一覧

東京 23区別 おすすめポイント

無料 これからリノベーションをお考えの方へ リノベーション済みの物件を見ながら、思い通りのリノベーションをしませんか?

物件詳細検索

エリア
カテゴリ

指定なし

  • 閉じる
築年数
間取り
物件価格
物件面積

該当物件数1,271

新着物件をお知らせメールマガジン登録

  • WHAT
  • 豆知識
  • リノベーション済みの物件を見ながら、思い通りのリノベーションをしませんか?