リノベーション物件 詳細検索
  • エリア
  • カテゴリ
  • 築年数
  • 間取り
  • 物件価格
  • 物件面積

リノベーション済み売買物件のメリット・デメリット

リノベーション済み売買物件 メリット

リノベーション済みの売買物件は、入居までの期間が短いということのほか、費用が明確なことが大きなメリットです。
イチからすべてを自分で完成させるリノベーションももちろん素敵ですが、理想に近い中古物件がいつ見つかるかわかりませんし、それが安価かどうかも不明瞭。やっと見つけても実地調査の結果、リノベーションに向いていない建物の場合もあります。

工事に着手できてもスケルトンにしてからわかる不具合もありますし、水周りも、解体してから配水管の敷き直しや新設の必要が発生することも。不確定要素が多いため、資金計画が非常に立てづらいのが実情です。
しかしリノベーション済みの売買物件であれば、検討段階から費用が明確に出ますから、ローンなども組みやすく、返済イメージも具体的に見えてきます。

また、完成した状態を実際に目で見て確かめることができることも大きなポイント。賃貸ではなく自分の持ち物になるものですから、自分の生活や使い方になじむかどうかは非常に大事なことですよね。配置や間取りは思い通りでも、使い勝手が悪くストレスになっては本末転倒。これから作り上げる予定のリノベーションホームでは確認できませんが、リノベーション済みの売買物件は内覧できますから、水周りや各設備を、買うより先に使ってみることができます。

リノベーション済みの売買物件 デメリット

リノベーション済みの売買物件のデメリットは、もちろん間取りや作り付け設備が自分の思う通りではないことです(理想に近いリノベーション済みの売買物件を探して追加でポイントリノベーションをすることは可能です)。

費用や時間が掛かっても細部まで思い通りにしたい! という方には物足りないかもしれません。しかし、やはりイチからのリノベーションの場合も進めるにつれて、構造上や配線、予算の関係で便宜妥協しなければならない部分も出てくる可能性がありますから、それらも考慮したうえでリノベーション済み物件も視野に入れて検討することをおすすめします。

豆知識一覧

東京 23区別 おすすめポイント

無料 これからリノベーションをお考えの方へ リノベーション済みの物件を見ながら、思い通りのリノベーションをしませんか?

物件詳細検索

エリア
カテゴリ

指定なし

  • 閉じる
築年数
間取り
物件価格
物件面積

該当物件数1,270

新着物件をお知らせメールマガジン登録

  • WHAT
  • 豆知識
  • リノベーション済みの物件を見ながら、思い通りのリノベーションをしませんか?