リノベーション物件 詳細検索
  • エリア
  • カテゴリ
  • 築年数
  • 間取り
  • 物件価格
  • 物件面積

リノベーションするなら新耐震基準以降の建物の方が安心?

I Love リノベーション 東京にお寄せいただいた、リノベーションに関する質問と、その回答をご紹介します。

Q. 東京に珍しいほど味のあるマンションを見つけました。

購入してリノベーションしたいと思っていますが、新耐震基準が定められる前の物件のためか、友人に止められています。時代に合ったリノベーションをして、できれば子どもに引き継いでいきたいのですが、やはり新耐震基準以前の物件は安心できないのでしょうか…。調べるのも大変そうなので教えてください。

A. 基準以前の建物には耐震改修促進法という法律により耐震診断をおこなうことを国が勧めていますので、診断がおこなわれているかまずは売り主あるいは不動産会社に確認するのが良いでしょう。

新耐震基準が施行されたのは1981年6月1日のこと。それまで「震度5程度の地震に耐えうる住宅」と想定されていたものが、「震度6強の地震で倒れない住宅」というように改定されました(要約)。

では基準以前の建物は震度6強の地震が来たら倒れてしまうのかというと、一概にはいえません。基礎や構造がしっかりしていれば、1981年以前の建物でも震度6強の地震に耐えうるものもあるでしょう。管理や修繕が正しくおこなわれていればその新耐震基準と同様の強度を持つ建物の可能性もあります。ご質問いただいた内容からでは安全か否かを断言することは難しいと言わざるを得ません。

味のある建物がお好きということでしたが、リノベーションの内容も味やデザインだけを優先してしまわないよう、どうぞお気を付けください。お子さんにも引き継ぎ、長く建物を利用していきたいとお考えとのことですから、まずは生活のしやすさやインフラ、マンションの管理状況などをしっかり確認し、現在の建物の価値を見極めたうえでの検討をおすすめします。多少おっくうでも、調べたり確認したりすることはリノベーションするにあたり非常に大事なことです。

なお、忙しくてどうしても調べるのが大変ということであればI Love リノベーション 東京で取り扱う「リノベーション済み」物件はどうでしょう。当社で扱う物件は、リノベーションのプロが基礎や耐震基準などを詳しく調べ安全などを調べ確認したうえでリノベーションを施した物件です。ビンテージを思わせる味のある物件もありますので、ぜひホームページにてご覧ください。

豆知識一覧

東京 23区別 おすすめポイント

無料 これからリノベーションをお考えの方へ リノベーション済みの物件を見ながら、思い通りのリノベーションをしませんか?

物件詳細検索

エリア
カテゴリ

指定なし

  • 閉じる
築年数
間取り
物件価格
物件面積

該当物件数1,271

新着物件をお知らせメールマガジン登録

  • WHAT
  • 豆知識
  • リノベーション済みの物件を見ながら、思い通りのリノベーションをしませんか?