リノベーション物件 詳細検索
  • エリア
  • カテゴリ
  • 築年数
  • 間取り
  • 物件価格
  • 物件面積

一戸建てVSマンション【耐震性が高いのはどっち?】

リノベーションをする際、一戸建てとマンションどちらが適しているのか。リノベーションをお考えの方々が物件を選ぶ際、一番初めに検討されることだと思います。しかし、その適度はこだわる点やリノベーションの内容によって変わってきます。

今回は耐震性についてそれぞれのメリット・デメリットをご紹介しますので、ぜひ検討の材料にしてください。

一戸建ての耐震性

コンクリート製のマンションと比較すると耐震性が劣っているといわれることが多い一戸建てですが、現在の一戸建てのほとんどはコンクリートが基礎に使われています。1971年、建築基準法の「耐震基準」の改定により、建物の基礎をより安定させることを目的にコンクリートが連続した布基礎を利用することが義務付けられたためです。

所有する敷地内に建てる自分の建物だからといって、好き勝手に作ってもいいというわけではないということはみなさんご存じだと思います。最低限守らなければいけない基準を設けた法律が建築基準法であり、基準に満たない建物を建てることは法律で禁止されています。ですから、1971年以降の一戸建てであれば、地盤の状況に合わせたコンクリート製の基礎が組まれています。

また、一戸建てなら、リノベーションをおこなう際に免震構造や制震構造などを加えることも可能です。免震構造とは、建物に伝わる揺れを低減する技術。また、制震構造とは、振動を吸収し建物の損傷や倒壊を防止する技術です。いずれも基礎や壁など、マンションであれば共用部分にあたる場所に施す技術ですので、マンションの場合自分だけの判断で加えることはできませんが、一戸建てならご自分の判断で取り入れることができます。

マンションの耐震性

一戸建てと同様に、マンションも建築基準法に基づいて建築されており、高層マンションなどには基準以上の最新の制震・免震技術が採用されている場合もあります。また、マンションの場合建物自体もコンクリートで造られていることが多いため、木造の一戸建てとくらべると、建物の耐久・耐震性は高いといえます。

しかしマンションの場合、共用部分の管理状況も影響しますので、管理規約、修繕履歴や長期修繕計画をしっかり確認しておくことが重要です。マンション管理がずさんなものであれば、いくら法に準拠した構造で造られていても、劣化している可能性があるのです。

なお、国土交通省のホームページに、マンションの耐震性の確認方法や相談先などについて、Q&A形式でまとめられています。こちらも参考になると思いますので、リンク先を記載しておきますね。
国土交通省ホームページ

豆知識一覧

東京 23区別 おすすめポイント

無料 これからリノベーションをお考えの方へ リノベーション済みの物件を見ながら、思い通りのリノベーションをしませんか?

物件詳細検索

エリア
カテゴリ

指定なし

  • 閉じる
築年数
間取り
物件価格
物件面積

該当物件数1,271

新着物件をお知らせメールマガジン登録

  • WHAT
  • 豆知識
  • リノベーション済みの物件を見ながら、思い通りのリノベーションをしませんか?