リノベーション物件 詳細検索
  • エリア
  • カテゴリ
  • 築年数
  • 間取り
  • 物件価格
  • 物件面積

住宅ローン控除について ~リノベーションする前に覚えておきたい知識~

マイホームを購入すると、税金の負担が軽くなる制度「住宅ローン控除」。しかしマイホーム購入時は色々と忙しいですから、詳しく知るきっかけを逃してしまう方は多いと思います。そこでI Love リノベーション 東京が解説いたします。

住宅ローン控除って?

正式名称は「住宅借入金等特別控除」。住宅の購入はもちろん、増改築や省エネ、バリアフリーにする際に住宅ローンを利用した方の、ローンの残高に応じて所得税から税金が差し引かれる制度です。

住宅ローン控除のおもな利用条件

住宅ローンを利用するには様々な条件がありますが、基礎的なものをご紹介します。

・住宅を取得してから半年以内に入居し、適用を受ける年の年末(12月31日)まで引き続いて住み続けていること(各年分の所得税が対象となります)。

・控除を受ける年の合計所得金額が3000万円以下(会社員は給与所得控除後の金額)であること。

・住宅ローン控除の返済期間が10年以上であること。
※住宅ローンの見直しで繰り上げや借り換えをおこなう際は注意が必要です

・新築の場合、登記簿上床面積が50平方メートル以上であること。

・中古住宅の場合、登記簿上床面積が50平方メートル以上であること。

・耐火建築物(マンションなど)の場合、購入以前25年以内に建築されたものであること。

・耐火建築物以外の場合、購入以前20年以内に建築されたものであること。

・耐震基準適合証明書があること、あるいは購入以前2年以内に耐震等級の等級が3以上と評価されたもの(住宅性能評価書による)。

利用条件に当てはまったら…

上記の条件に当てはまったら、住宅ローン控除を利用できる場合がほとんどです(ほか、細かな条件については国税庁ホームページを参照くださいURL後述)。控除を受けるために確定申告をしましょう! 初年度申告をすれば、給与取得者の場合は次年分から年末調整での計算となります。申告には源泉徴収票、金融機関などからの借入残高証明書、土地・建物の登記簿謄本、住民票、建築負債契約書または売買契約書が必要です。

専門的な書類ではありますが、国税庁ホームページを参考にすれば流れに沿って書き進めることができます。国税庁のホームページ上での申告もできますので、まずは必要書類などをきちんと揃えることがスムーズな申告のポイントです。

参考
国税庁:確定申告に関する情報の総合窓口
国税庁:住宅借入金等特別控除を受けられる方へ(PDF)

I Love リノベーション 東京がお手伝いいたします

I Love リノベーション 東京のリノベーション済み売買物件をご購入される場合、住宅ローン控除についての申告もお手伝いいたします。書類作成などが苦手…という方もサポートいたしますのでぜひご相談ください。

豆知識一覧

東京 23区別 おすすめポイント

無料 これからリノベーションをお考えの方へ リノベーション済みの物件を見ながら、思い通りのリノベーションをしませんか?

物件詳細検索

エリア
カテゴリ

指定なし

  • 閉じる
築年数
間取り
物件価格
物件面積

該当物件数1,271

新着物件をお知らせメールマガジン登録

  • WHAT
  • 豆知識
  • リノベーション済みの物件を見ながら、思い通りのリノベーションをしませんか?