リノベーション物件 詳細検索
  • エリア
  • カテゴリ
  • 築年数
  • 間取り
  • 物件価格
  • 物件面積

大規模セルフリノベーションの心構え

大規模セルフリノベーションの心構え

I Love リノベーション 東京では、大規模なセルフリノベーションをあまりおすすめしておりません。それはやはり耐力性や構造についての知識がない場合、安全な暮らしを送ることができないケースがあるからです。しかし、それでもどうしても大規模なセルフリノベーションをおこないたい! という強い意志をお持ちの方のために、セルフリノベーションする際の心構えをご紹介したいと思います。

1.管理規約を熟読せよ(マンション・団地リノベーションの場合)

マンションや団地をリノベーションする場合、物件の購入前にかならず読んでいただきたいのが管理規約です。管理規約には建物に手を入れる場合の禁止事項が記載されており、たとえば躯体への穴あけ禁止、フローリングの認められる遮音等級などが確認できます。希望のリノベーション内容が禁止事項にあたることがありますのでかならず熟読してください。

2.業者との関係を密に大事にせよ

セルフリノベーションの大きなメリットとして、リノベーション業者に頼んだ場合より安価でリノベーション出来るということがあります。しかし電気やガス、水道など専門の業者のチカラはかならず借りなければならず、工事費用は当然掛かかります。ご自身のやりたいことを業者にきちんと伝えることはもちろん、見積もり交渉、算出された金額が妥当かどうかの判断などもご自身でおこなうことになりますが、ここで判断を間違うと業者との関係に影響してしまいます。よく聞くセルフリノベーションのトラブルのひとつ「業者への値切り交渉」です。適正な業者であれば希望に沿う工期、工事費を算出してくれますが、セルフリノベーションで少しでも安くしたいという気持ちから「とにかく安く」とオーダーしてしまう方が多いのです。業者は希望に合わせ、安全に工事をおこなういわば“職人”です。プロの仕事を安く、と求められるのはどんな職種の方も嫌なもの。一緒に快適な空間を作る仲間なのですから、業者との関係は密に、そして大事にしましょう。

3.引っ越しや家のパーツを集めるタイミングを逃さぬよう

大がかりなセルフリノベーションをおこなう場合、必要なものはすべてご自身で購入する必要があります。規模によりますがドアや床材、照明器具など、購入してすぐは工事などで収納するスペースも限られますから、保管場所に困るケースもあります。タイミングを見計らい、いざ住み始めるときに不足がないようスケジュール管理が重要。同様に、引っ越しのタイミングについても見極めが必要です。賃貸などから引っ越す場合、工事期間中の住まいを確保しなければ家賃とローン(利用の場合)が重複してしまう恐れがあります。特に東京エリアは賃貸料も高く捨て置ける金額ではありません。

4.セルフリノベーションにかかる費用・時間を算出せよ

セルフリノベーションは基本的にローンを組むことができません。業者に依頼して注文・作業してもらう場合を除き、例えば床材、壁紙、ペンキなど、必要な材料、工具などすべてご自身で購入し、作り上げることになります。希望の住居にするために必要な費用をまずは計算し、きちんと管理してみましょう。また、セルフリノベーションは当然時間がかかります。お仕事をお持ちの方は時間の管理も併せて検討されることをおすすめします。

5.工事のマナーを厳守せよ

小さなものから大きなものまで、工事には騒音がつきものです。作業を始める前に、近隣の方々や管理者、組合があるようなら組合などにご挨拶をしてからリノベーションをおこないましょう。また、リノベーションで出たごみなどは地域のごみ捨て場に捨てられないものもあります。自治体のルールに則り適切に処理をしましょう。

最後に

雑誌やテレビなどのメディアで紹介されているセルフリノベーション。おしゃれで快適な空間を安く、自分好みに作り上げていきます。見ていてとても楽しいものですが、それもこれも家の基礎がきちんとしていて、動線や生活空間ができあがっているものに手を入れる規模のものですよね。大がかりな工事をともなうリノベーションを決意する前に、本当に自分が欲しい空間がリノベーション済みの物件で手に入らないものか、今一度検討されるのがおすすめですよ。

豆知識一覧

東京 23区別 おすすめポイント

無料 これからリノベーションをお考えの方へ リノベーション済みの物件を見ながら、思い通りのリノベーションをしませんか?

物件詳細検索

エリア
カテゴリ

指定なし

  • 閉じる
築年数
間取り
物件価格
物件面積

該当物件数1,270

新着物件をお知らせメールマガジン登録

  • WHAT
  • 豆知識
  • リノベーション済みの物件を見ながら、思い通りのリノベーションをしませんか?